トピックス

保険の選び方

2018.12.28

その他

#家計

保険料は「固定費」だということをお伝えしました。

今回は、保険の選び方についてお話していきたいと思います。

まずは保険の種類がどのくらいあるかということを知りましょう。

生命保険・医療保険・自動車保険・学資保険・火災保険・ペット保険・年金保険などはご存知の人が多いのではないでしょうか。

この他にも、旅行に行くときに支払う国内旅行保険や海外旅行保険など様々な保険があります。

あなたに必要な保険はどれでしょうか?

例えば、車を所有している人であれば自動車保険に入っている人がほとんどではないでしょうか。

そして、自動車保険一つとっても多くの会社があり選ぶのが大変ですね。

自動車保険に限らず、保険には「通販型」と「代理店型」がありますが、保険料が安くすむのは「通販型」です。

その理由は、間に代理店を挟まなくても契約ができるため、仲介料等がいらないためです。

あなたが、検討している保険について理解しているのであれば「通販型」を選ぶことで保険料が安く抑えられます。

保険についてよくわからないので相談しながら決めたい人や、決まった担当者についてほしい人は「代理店型」を選ぶと最適なプランを出してもらえます。

そこで、それぞれのメリット・デメリットを書いていきたいと思います。

「通販型」のメリットですが、保険料が安いのは一番のメリットですね。他にも24時間一年中受付が可能な点が大きいです。

「代理店型」のメリットは、担当者がつくので対面で相談しながら安心して決めることができる点です。

反対にデメリットはどうでしょう?

「通販型」のデメリットは、自分でプランを組んで申し込みをする必要があるので、保険についてある程度の理解がないと自分に合っていないプランを選んでしまうかもしれないという点です。

「代理店型」のデメリットは、自分に適した代理店を見つけるのが難しい点です。

あなたにとって、信頼できる代理店・担当者に出会えればいいのですが、あまり対応の良くない人が担当者になるということもあるのです。

それ以外に気を付けたいところは、必要のない保険に加入しないということです。

一見、分かってると思いがちですが、例えばペット保険です。

ペットが病気になり手術をしても保険に入っていれば金額を安く抑えられるという保険ですが、ペットの種類にもよりますが、たとえ保険に入っていなくても毎月積み立てておくことで、保険に入らなくても病院代が支払える場合が多いです。

そもそも保険が全額負担なのか、通院代に回数制限はないのかなどプランにも左右されるので、保険で手術代の何割負担できるのか、かえって保険に加入するほうが高くついたということのないように気を付けましょう。

保険を選ぶときは、必要のない保険に加入しない事、本当に必要な保険かどうかプランをしっかり確認する事、複数の保険に加入する場合に重複した保障はないかを確認しましょう。

保険は加入しなければならないものではありません。

ですが、加入することでもしもの時にあなたの生活を助けてくれる心強い存在ですので、自分に最適な保険を選びましょう。