トピックス

通信費について

2018.12.28

その他

#家計

今では携帯電話が必需品というほど普及している時代になりました。

スマートフォン・タブレットなどの使用で、家にネット環境のある家庭も多いでしょう。

通信費は使用した分だけ支払う「変動費」ですが、かけ放題や大容量のデータ通信ができるプランが増えたことで、決まった金額が支出になるため「固定費」といえるでしょう。

多い家庭では、一人一台や一人で二台以上持っている人もあるので、少しでも支出を下げたい人は多いのではないでしょうか?

通信費は、インターネット回線だけで月額5,000円以上はしますし、そこに携帯電話やスマートフォンの利用料金や固定電話の料金がプラスになりますので、1万円以上になりますね。

多くの会社があり、どこを選んだらいいのかわからない。

どこが安いの?と思う人で、特にこだわりがなければ各会社のキャンペーンを利用するのもいいでしょう。

乗り換えることで毎月の料金が安くなることもありますし、機種変更をするまでキャンペーンの金額のまま月額料金が上がらなかったりとお得に使えるキャンペーンがありますので、いろんな会社を比較するのがおすすめです。

複数台持ち歩いてもお得に使いたい人は、ポケットWi-Fiを持ち歩くという方法もあります。

メリットは、家でも外でも使用可能な事。

データ通信量が無制限の端末なら速度制限を気にせずに使える事。

スマートフォンのデータ通信よりも安いケースが多い事です。

デメリットは、常に持ち歩かないといけないという事。

忘れてデータ通信ができないのでは意味がありません。

端末を充電しなければ使えないということ。

家でのネット環境として利用するなら、無線のインターネットなので障害物に弱い点です。

他にも、格安SIMを利用することで通信費を下げることもできます。

電話はしたいけど、使うのはゲームやSNSがほとんどという人なら、格安SIMで毎月の通信費を下げられるのではないでしょうか。

反対に、ゲームやSNSはしないけどとにかく電話を使うという人は、かけ放題プランを利用することで制限なく使えます。

かけ放題であれば、キャリアが違う人や一般電話にも気にせずに電話がかけられます。

ただし、一回の通話時間が短い人ならば、10分までなら何度でも無料になるプランもあるので、契約しているプランを見直してみましょう。
携帯電話・スマートフォンの場合、自宅にネット環境があり、外ではあまりデータ通信を使わない人であれば、データ量の低いプランを契約するというのも一つの考えです。
インターネットに関しては、電気の自由化で携帯電話・スマートフォンとセットにすることでお得になるプランもありますので、自分に合ったプランを探してみて下さい。一つ注意していただきたいのは、同じ会社で固定電話と携帯電話・スマートフォンをセットにしている場合、通信障害があった場合にどちらの電話も使えずに連絡が取れないということがありますので、契約する前に自分に合った内容かどうかを確認しましょう。