トピックス

気にするべきは「最終目標のテストの点」だけ

2018.06.15

さとり塾

#さとり塾の考え方

塾長は受験生時代、テストの点数には一切目もくれませんでした。

ただ、できなかったところをできるにすることにだけ集中していました。

それは最終目標の点数以外は関係ないからです。

それこそ「全部100点を取ったことにする」ということだけで良いのです。

それなのに、みんな「40点しか取れなかった」とか「E判定だから無理だ」とかを気にしてしまっています。

そんなことを思っている間に「できないをできるに」していけば合格に近付いていきますし、それでしか解決しないのです。

受験生に感情は不要です。不安になってる暇があるならただ行動して下さい。

感情を記憶に活用することは意味がありますが、不安は何の意味もないですからね。

公立中学校の定期テストは内申書に関わるので、それは気にしなくてはなりませんが。