トピックス

記憶の「反射神経」を高める

2018.06.21

さとり塾

#さとり塾の考え方

本日は記憶についてお話します。

ほとんどの方が「覚えたらそれでオッケー」と思っていると思うのですが、それだけでは不十分だと考えています。

英単語を1万個覚えていても、それを引き出すのに「平均で10秒」かかっていたらどうでしょうか?

読むのに時間がかかり過ぎて、テストでは点が取れません。

それにも関わらず、「記憶を引き出すスピード」を意識しなさ過ぎなのです。

すなわち「記憶の反射神経」です。

普段の勉強法をこの反射神経を高められるやり方に変えることが重要です。

それが「全てを問題形式にする」ということですが、それだけでは不十分です。

「できるだけ早く答える」という意識をもつことです。

この意識をもって臨むかどうかで、将来の成長は大きく変わってきますし、1つ1つの記憶を引き出すスピードが0.1秒だけ速まるだけで、トータルの勉強時間は大幅に減ります。

勉強が嫌いな人ほど、記憶スピードを速めるべきなのです!

また、「頭の回転が速い人」というのは、私からすると「記憶反射神経の速い人」です。

記憶反射神経の速め方を身につけることは、一生使えるスキルになると言えます。